大自然に抱かれて Part2

1.二ツ井・藤里町(南ルート)を行く

秋田道終点の二ツ井白神ICを出て国道7号線を東に走り通称白神街道 を北上すると藤里町に入る。藤里町役場で道は二つに分かれている。左の県道322号線に入ると、素波里湖を経て白神山地世界遺産登録区域の緩衝地域で、秋田青森県境にある小岳に至る小岳登山口駐車場まできびしい林道であるが、美しい白神岳の眺望を楽しみながら走る。 また 藤里町役場からそのまま北上して県道317号線を走ると、太良峡、岳岱自然観察教育林、田代代湿原、釣瓶落峠等素晴らしい景観を楽しみながら、美山湖を経て白神山地表玄関である西目屋村に到着する。

(1)小岳へのドライブルート(県道322号線)

小岳へのドライブルート

  • 県道 322号線を北上して静かな村落を抜け、素波里湖の東側にある素波里国民休養地で一休みする。県道はここまでで、ここからは粕毛林道をひたすらに登り続ける。車一台がやっと通れる凹凸の激しい難道ながら、鬱蒼とした杉林、爽快なブナ林、白神山地で生まれた清水が迸るいくつかの沢を過ぎ、やがて大滝林道に入ると左側(谷側)が大きく開けてくる。 ここからは夢にまで見た白神連山が、雨上がりの霧にかすんだ山々の間から目に飛び込んでくる。車を道脇に止めて、深呼吸を繰り返し、この絶景をしっかりと我が目に焼き付けて最後の小岳林道を走ると終点の小岳登山口駐車場に到着する。                                    

(平成21年5月4日撮影 撮影機種:Canon EOS5D MarkⅡ)

小岳へのドライブルートフォトギャラリー

(2)美山湖・西目屋村へのドライブルート      (県道317号線)

銚子の滝

峨瓏(がろう)の滝

2.十二湖を巡る: 青池の神秘に感動する                         

青池

世界遺産白神山地の日本海側入口にある十二湖のひとつ青池は、一度見たら忘れることのない神秘的な青色の水を湛えています。ブナの樹々にしみ込んだ雨水がろ過されたきれいな水が青池に注ぎますが、この不思議な青色の理由は謎に包まれたままです。

3.白神スカイライン(西ルート)を行 く                                      

白神スカイラインマップ

十二湖北側岩崎から西目屋村へ 

白神スカイライン西側入口

一年のうち限られた期間だけ開放される白神スカイラインの入り口に佇むと期待と興奮が湧き上がってくる。

雨雲にかすむ白神岳

白神ライン展望所から南に広がる白神山地の山々が連なる。

くろくまの滝:本州最北の大瀑

白神ラインの奥赤石展望所西側から鰺ヶ沢に通じる林道(赤石渓流線)がある。赤石川に沿って北上するが、“くろくまの滝”に至る同林道はひどい悪路で、最低車高が20cmはないと走れないだろう。しかし車を降りて山道を歩き“くろくまの滝”にたどり着いた時には、疲れをふっとばすような別世界の光景があった